文字サイズ

ダウンロード カタログ

リサーチかわらばんResearch information

2019
02/01

室内濃度指針値変更のお知らせ

 私たちの身の回りには、5万種を超える化学物質が製品や食品などに含まれているといわれています。これらの化学物質について、毒性にかかる科学的な知見に基づき、厚生労働省によりシックハウス症候群等の原因物質として指針値が定められている物質があります。
 2019年1月17日付で厚生労働省が発表している室内濃度指針値の一部物質の指針値が以下の通り変更されました。

 

物質名 新指針値 旧指針値
 キシレン   200μg/m3(0.05ppm)   870μg/m3(0.20ppm) 
 フタル酸ジ-n-ブチル   17μg/m3(1.5ppb)   220μg/m3(0.02ppm) 
 フタル酸ジ-2-エチルヘキシル   100μg/m3(6.3ppb)   120μg/m3(7.6ppb) 

※上記以外の物質については従来の指針値からの変更はありません。



詳細につきましては下記の厚生労働省のHPをご確認ください。
http://www.nihs.go.jp/mhlw/chemical/situnai/sickindex.html

環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから