文字サイズ

ダウンロード カタログ

リサーチかわらばんResearch information

2021
05/26

珪藻土製品の輸入前アスベスト検査、2021年12月から義務付け

 厚生労働省は2021年5月18日に政令を改正し、珪藻土(けいそうど)製品の輸入者に対してアスベストが含まれていないことを事前に製造ロット単位で確認するよう義務づけることにしました。

 重量の0.1%を超えるアスベストを含む製品の製造や輸入などは、2006年9月以降原則禁止、2012年3月以降は全面禁止されています。ところが、昨年12月以降、輸入販売されている珪藻土バスマットやコースター等からアスベストが相次いで検出されました。そこで今回、輸入前の検査が義務付けられることとなりました。

 分析による確認の義務化は本年12月1日より施行されますが、それに先立ち8月1日より既存製品について石綿の含有を知っている場合には労基署への報告義務が課されます。

 詳細につきましては、厚生労働省ホームページのリンク先情報をご確認ください。

[厚生労働省 珪藻土バスマット等の輸入手続きなど]
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/sekimen/other/pamph/index_00005.html



***珪藻土製品の石綿(アスベスト)分析のご依頼は下記まで***

環境リサーチ株式会社 営業部「珪藻土製品 窓口」宛
お問い合わせフォームはこちら



環境リサーチでは、珪藻土以外のアスベスト含有製品の分析も承ります。
お気軽にご相談下さい。


環境調査のご相談

お電話でのご相談・お問い合わせ

042-627-2810(代)

営業時間平日(月~金) 午前8時45分~午後5時30分まで

当サイトからのご相談・お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

サイトからのご相談・お問い合わせはこちらから